24春闘学習会開催報告

2024春闘学習会 学習会
ともに闘おう!

2月25日、Lプラザで全国一般神奈川の24春闘学習会が16名の参加により開催されました。1月26日に県共闘主催で行われた春闘学習会での、講師に招いた全国協の大野副執行委員長による現状分析・問題提起を活用して、各職場の春闘を実りのあるものにしていくため、生活クラブ、エイボン、日本郵政、テクノウエーブ、多摩川病院、らぽおるの樹、総生会、横浜交通開発、横浜市の各職場から、要求書や交渉経緯についての報告・共有がなされました。

組合の組織率が下がり続けている今の日本の労働現場では、労働条件や職場環境の改善について同じテーブルについて交渉するという労使間の関係が、当たり前ではなくなっています。特に地域合同労組として労働相談から職場で組合活動をゼロからスタートするケースが多い私たち全国一般では、だからこそ、要求―交渉―合意という労使関係を定着させていくために春闘を継続的に全力で取り組むことが必要です。他の職場の交渉成果を自分たちの職場の交渉の武器として活用しともに闘っていきましょう。

八木

タイトルとURLをコピーしました