丈夫屋地位確認訴訟 不当判決弾劾! 裁判は控訴審へ

薬局 裁判

4月25日横浜地裁は、丈夫屋地位確認等請求事件につき、控訴棄却の不当判決を行いました。この裁判は、会社側が2020年1月末日付解雇直後に、先んじて債務不存在確認訴訟、社会保険料立て替え払い代請求裁判を提訴し、対抗して被解雇者のA組合員が地位確認等訴訟を反訴したものです。

4年にわたる裁判で、会社の安全配慮義務違反を充分に立証してきました。しかし判決では、全く認めていません。従って、原告は控訴しました。

その他残る課題は最高裁確定判決となった、神奈川県労働委員会命令の完全履行です。

藤井

タイトルとURLをコピーしました